《出会い系サイト》 脈あり女性がセフレに変わる 選ぶべき時間帯とは!?

サイトでのやり取りからや直接の連絡に移行、仲良くなった女性といざ会おうとなった時に気を付けるべき事、それが『どんな時間帯に会うか』という事です。

私は、既婚のサラリーマンなので、基本的には平日夜が1番会いやすいのですが、あまりこちらの都合ばかり押し付けても良くありません。ここでは、女性のタイプ別にヤレるチャンスを高められる、そんな出会いに最適な時間帯について紹介します。

 

《この記事はこんな人にオススメ》
・今まで時間帯を気にせず、会う日程を決めていた人
・会ったけど、上手くホテルまで誘えないと悩んでいる人

 

 

まずは長く時間を確保できるタイミングを

当たり前のように聞こえますが、まずはお互いに時間がある一定時間確保できる、そんな日や時間帯を選ぶようにしましょう。相手が初心者であればあるほど、なかなか覚悟ができていないケースが多いため、きちんと会ってその場でしっかり落としていくという作業が必要なのです。隙間時間にサクッとなどという出会いだと、ホテルまで行ってのセックスは簡単には成り立たないのが現実です。

 

時間がほとんど取れなくても大丈夫!?

実は、ほとんど時間が取れない際にも、ヤレる可能性が十分にある場合があります。

それは、相手がかなりの出会い系プロの場合、もしくは最初から女性の目的もヤるということだけの場合です。もちろん、こういった女性もいなくはありません。その時は、事前のメッセージのやり取りで把握できていたりするので、あまり時間帯を選ぶことはせずに、単純に隙間時間でもいいので都合がつきそうな時間に会えばいいでしょう。

ちなみに、過去に、初めて会う人妻さんにこんなことを提案されたことがあります。
指定のホテル前に直接集合、その場で「この人でも大丈夫か」を判断しつついったん解散、OKならば10分後にホテル前に戻ってくる、そしてホテルの部屋に二人で向かうという、そんな出会い系玄人の流れ。
このようなケースは稀ですが、会っていた時間は正味毎回2時間程度。どちらかと言うと、隙間時間にパッとヤリたいという感じでしたw

 

とは言っても、基本は相手に時間を合わせつつ、時間をきっちり確保すべき。

ということで、ここからはタイプ別にオススメの会う時間帯を紹介していきたいと思います。

 

タイプ別・・・この時間に会うべき!

 

働く女性=OLの場合

働く女性なので、1番の狙い目な時間はもちろん仕事帰りです。そして、曜日でいえば金曜日

きちんと定時であがれるようなお仕事の方であれば、早めの時間から飲みに行き、さらに2軒目もしくはカラオケなどに誘う事ができるはずです。逆に、時間があまり読めないようなお仕事の場合は、遅めの時間からご飯を一緒にするということを考えましょう。その場合は、カラオケなどを挟まずにご飯をサクッと食べたらホテルへの誘導を考えます。当然、ご飯の時間をいかに短くできるか・・・という事も大切になってきますので、どんな食事をするか、どこで食事をするかなども事前にプランしておくことをオススメします。

 

シフトで働く女性の場合(看護師や保育士さんなど)

曜日があまり関係なくなるタイプです。シフトに合わせて・・・という判断になりますが、平日の早めの時間や夜も選べるため、誘う時間の幅は広いでしょう。

ただ、(私もシフト勤務をしていたことがあり、なんとなく気持ちはわかるのですが・・・)往々にして休みの翌日は早番から始まるという可能性もあるので、私はランチから誘う事を積極的に取り入れています。ランチに誘い、なんとなく早い時間帯からお酒を飲む、そしてそのままホテルへという流れです。実は、お昼からお酒を飲むと比較的酔いやすい=開放的になってヤレる可能性が高くなるのです。(体内の仕組み上、朝や昼時間帯は分解酵素が減るため、実際に酔いやすいのが医学的にも証明されています!)

お昼時間帯は、ご飯をするのもホテルを利用するのも金銭的に夜より負担が少ないのもメリットだと言えます。

 

学生の場合

学生は、正直時間がとんでもなく余ってますw もちろん、大学で授業に出る、バイトするなど忙しい事もありますが、時間の融通が利きやすいのは間違いありません。

ではどの時間帯を選ぶべきか。

実は、これはどんな女子大生なのかによって変えるべきです。詳しくは、今後書こうと思っている『出会い系を完全攻略するコツ 女子大生篇(仮)』のページでお話したいと思いますが、あまり授業のない学生であればシフト勤務の女性と同じように昼から会う、バイトばかりの学生は深夜から会う、さらに地方から出てきたような学生であれば夜の早めの時間から会う・・・など。もちろん、どれも狙いや理由がある時間帯です。

しかし、学生が出会い系サイトを利用してサラリーマンに会う場合は、いずれにしても「同学年の学生じゃ、物足りない!!」という気持ちを抱いている事が多く、大人の男性としての余裕をいかに見せられるかというポイントをおさえて、会う時間や会う場所、演出を変えていくのです。

 

人妻の場合(専業主婦)

人妻の場合はもちろん、平日昼間を狙うべきです。流れとしては、シフトで働く女性と同じようなイメージなのですが、「あまり昼から飲むことができない」とか「夕方早めには子供のお迎えがある」など、人妻さんによってシチュエーションが大きく変わります。さらに場合によっては、回りくどい事は必要なく、ホテルで飲みながらランチで良いという方もいます。

昼間の時間帯がいいですよね?という確認をしながら、どのような時間の使い方がベストなのかをきちんとイメージしていきましょう。

 

 

ここまで、タイプ別にオススメ時間を紹介してきましたが、もちろんこちらの思惑通りにいかないのが人の常。。という事で、当然、重要なのは柔軟に対応できるか否かになります。そこで、ここからはそれぞれ時間帯のメリットやデメリットをあえて、女性目線で考えたいと思います。

 

《女性目線》 昼時間帯のメリット・デメリット

 

メリット

やはり時間を有効活用できる、あるいは暇な時間を上手くつぶせるというのが大きなメリットです。特に人妻の場合は、夜に出掛けること自体、難しいケースが多いので、気兼ねなく出掛ける事が出来る時間帯となります。また、終電や帰宅時間を気にする必要がないので、ゆっくり会えるという意味で昼時間を選択する方も多く見られます。

なお、会話が弾まなければ、「夜に予定がある事にして早めに切り上げる事もできる」という保険をかける意味で昼時間帯を女性が選ぶこともあります。しっかりトークを盛り上げ、昼間は夜以上にお酒の力が効いてくる理論(!)を盾に、出会う事をオススメします。

 

デメリット

そもそも時間を合わせる事ができないというのが取り除く事のできないデメリットになりえますが、、、あとは時間帯が早いため、お酒の力を借りにくいなぁと考えている女性が多いようです。お酒の力に頼れないため、トークが盛り上がるのかを心配するのと同時に、ご飯後の流れをイメージしにくいようです。可能であれば事前にご飯やその後の流れを提案しておくこと、さらにはここでもお昼のお酒が効いてくる理論(!)で不安を払拭してあげましょう。

 

 

《女性目線》 夜時間帯のメリット・デメリット

 

メリット

お酒の力を借りつつ、ムードを作りやすい事が大きなメリットです。出会い系サイトを利用する女性なので、出会うからにはなんとなくその先もイメージしています。とは言え、都合よくそんな雰囲気になるのか・・・ちょっとした不安を抱えている事も確かです。その時は、お酒や雰囲気にのまれながら、言い訳を用意しやすい夜時間帯がメリットになってきます。

 

デメリット

時間を少し気にしないといけないというデメリットがあります。タイプによってその理由は異なりますが、人妻であれば「帰宅時間を気にする」、あまり遅くなりたくないようなタイプの女性であれば「終電を気にする」、仕事をしている女性であれば「翌日の仕事への影響を気にする」などです。

なお、初めて会う場合に女性が気にするポイントとして、万が一、会ってから良い印象を受けなかったとしても、夜時間帯を選択していると数時間はご飯などを一緒に食べて我慢しなくてはいけない=ランチよりもかける時間が長い、親密度が高い(高すぎる)という事を懸念することもあるようです。

 

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか。会うべき時間帯というのは、相手がどのような女性でどんな事を望んでいるかを考えれば自ずと選択できると思います。ついつい、こちらの都合を押し付けがちなのですが、あまりこちらの希望や狙いばかりを主張するのもナンセンスです。男性側で様々なシチュエーションに対する選択肢を持つことで、出会いをしっかりとコントロールすべきだと思います。そうすることで、効率よく出会い、そしてヤレるという流れが出来るのです。

 

 

 
ヤレる女性が選び放題のオススメ優良サイトはこちら

2000年に運営を開始した『ハッピーメール』。総会員数は2500万人を突破しており、日本国内で最大級の出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は「出会える確率74.5%」と謳っている通り、高確率な出会いの提供が可能なこと。私が、実際に利用している感想としても、アクティブユーザーが他のサイトやアプリより多く、また様々なニーズを持った方の登録があるように感じます。そして、プロフィールの閲覧が無料なので好みの異性が探し放題なのも特徴です。運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

ハッピーメールバナー

 

安定感の光る 『 PCMAX 』

2002年に運営を開始した『PCMAX』。総会員数は1,400万人を突破しており、こちらも安定的な出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は20代前半の大学生やOLから、40代前半人妻までと幅広い女性層の獲得に成功しているため、非常にバラエティーに富んだ年齢層と職業で多くの出会いを男性陣に提供できている事です。実際に利用している感想としては、他のサイトと比較してライトな層から慣れている層まで幅広く、また割り切った関係希望の女性も多いので効率的な出会いが期待できます。もちろん、運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

安心感といえば 『 ワクワクメール 』

こちらも2000年に運営を開始した老舗です。総会員数は1,000万人弱で、こちらも安定的な出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は何といっても、安心感の提供。個人情報回収業者、援デリ業者、18歳未満の利用者、悪質CB(キャッシュバッカー)を素早く対処している事から、非常に質の高い出会いが期待できます。実際に利用していても分かりますが、業者が少なく、また利用目的をきちんともった女性が多いため、最終的な出会う事への抵抗も少ない=つまりきちんと出会えるサイトと言えます。なお、女性のプロフィールも無料でバンバン閲覧できるため、使いやすさも抜群です。もちろん、運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

 

 

>今月のイチオシ出会い系サイト

今月のイチオシ出会い系サイト

今月のイチオシは「ハッピーメール」。2000年に運営を開始。総会員数は2500万人を突破しており、日本国内で最大級の出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は「出会える確率74.5%」と謳っている通り、高確率な出会いの提供が可能なこと。私が、実際に利用している感想としても、アクティブユーザーが他のサイトやアプリより多く、また様々なニーズを持った方の登録があるように感じます。そして、プロフィールの閲覧が無料なので好みの異性が探し放題なのも特徴です。運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

CTR IMG