今がチャンス!? 出会い系サイトやアプリに出会いが溢れるワケ

2020年当初より世界を席巻した、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は、世界規模で大きなダメージを与えるとともに、一般市民である私たちの生活面や経済面にも甚大な影響を及ぼしています。(職業柄、私もかなりダメージをくらっていますが・・・)

もちろん、生活や経済的な負担増だけでなく、精神面にも少なくない影響が出ていると思われますが、一般的に言われるのは、自粛ムードを経て、様々な局面で「出来ない事」が増えているため、多くの人々がストレスを感じているという事。

では、このご時世で、出会い系サイトでの出会いには何か影響が出ているのでしょうか?今回は、コロナ環境を踏まえて、出会いに関する変化や動向をまとめるとともに、今後の予測までご紹介したいと思います。

 

《この記事はこんな人にオススメ》
・コロナ禍で出会いが減ったと感じている人
・最近、あまり上手く出会えていない人

 

女性のタイプ別に現状を分析

このご時世で女性たちの環境はどう変化したのでしょうか?これを把握する事で、女性別のアプローチ方法が見えてきます。

 

人妻たちの現状は悲惨たるもの!?

人妻の方々(特に専業主婦)は、とにかく耐え忍ぶ期間が続いていると言われています。もちろん、その原因となっているのが旦那の仕事環境の変化によるもの。自粛期間がスタートした頃から言われていますが、

・旦那がテレワークを行うようになり、ひとりの時間が持てず、ストレスがたまっている
・旦那がテレワークで自宅にいるのにも関わらず、家事や育児を全くしない
・パートなどが減り、自分の収入が激減

など、人妻の皆さんが抱えるストレスの闇ははかり知れません。旦那への不満が募る、なのに自粛が続いてストレス解消がままならない。実は、人妻たちは、長らくかなり切迫した環境にいるのです。

 

 

暇を持て余す女子大生たち

続いては、女子大生。もちろん学生の皆さんも相当に切迫した状況です。とは言っても、若干人妻のそれとは異なります。まず、肝心の学校生活がほとんど成り立っていません。授業はオンラインになり、サークルや友達との集まりも激減しているため、多くの女子大生が時間を持て余しています。そして、追い打ちをかけているのが、アルバイトなどの生計を立てる活動もほとんどが出来ていない点です。なかには地方から出てきて、なかなか収入がなく、満足に学生気分をエンジョイできていない、そんな学生もいることと思われます。とにかく、時間ばかりが余っていて、やる事がない・・・そんな状況にいるのが学生さんたちです。

 

 

繋がりが薄くなりつつあるOLたち

働いているOLさんたちはどうでしょうか?実は働き方や職業にも大きく左右されるのが、このOLさんたちです。テレワークの拡大により、家で仕事をする機会が大幅に増え、そもそも外出しなくなった方、あるいは合コンに明け暮れていたはずがコロナの影響で外食にすら行けなくなった方、さらには社畜状態で毎晩残業だったのに最近はほとんど定時で帰宅ができるようになった方など。少なからず何らかしらの影響は受けているものの、人によってその度合いは様々なようです。

 

 

出会いに対する思いは変化した!?

さぁ、ここからが本題となります。コロナ禍での人妻さんや女子大生、そしてOLさんなどの環境変化は、出会い系サイトやアプリでの出会いにどのような影響を与えたのでしょうか?

 

実は、まだまだコロナウィルス影響が初期の頃(外出自粛要請などが出始めたころ)は、正直出会いには向かない時期になっていました。やはりどのような方々も、外でご飯をしたりホテルに足を延ばそうという意欲が少なく、あくまでサイト内やアプリでのメッセージ交換ややり取り飲みで終了する事が増えていたように感じます。

しかし、影響が長期化してきた昨今では状況がガラリと大きく変化した印象です。まずは、気になった点をいくつか挙げていきます。

・長引く自粛要請に我慢できず、少しずつ出会いたい!という気持ちが戻りつつある

・人妻に関しては、ストレスの限界になっており、話を聞いてくれる人やサクッと遊べる人を求める傾向にある

・学生はとにかく時間があるため、いつも以上にサイト出現率が高くなっている。さらには、収入面で苦労している子もいて、ご飯や飲みの誘いに比較的乗ってきやすい

・OLもいつもより時間を持て余している事が多く、それでいて外食の機会は減っているので、積極的に誘う事で案外すんなりとOKが出やすくなっている

 

そう、コロナウィルス影響の長期化によって、様々なサイトやアプリでアクティブに活動する女性ユーザーの数が増えているのです。長引く自粛に我慢できず、でも仲の良い人たちと遊ぶ予定も行ける場所もない。人とつながりたいけれども、そうそう簡単に友人や会社の人を誘うのもあまり印象としてはよくない。そして、結果として「そうだ、出会い系で出会いを探そう」となるわけです。さらに、ほとんどの方が、良い出会いは期待しているが、沢山の人と出会う事でリスクを広げるような出会いは避けており、「一人の人としっかり繋がる出会いが欲しいなぁ」と考えているようです。

つまり、今、この時代は、『世間体などもあって、なかなか身近な人とのつながりは積極的には持てない。だけど、出会い系などで固定の人とつながっていたい』という心理が働いており、出会い系サイト・アプリを利用するには絶好の機会なのです。

 

 

出会いを加速させるためには

 では、どのような方法で出会いを加速させるのが、コロナ禍で効率的なのでしょうか?男性側が気を配る必要のある「プロフィール篇」と、このタイミングだからこそチャンスのある「掲示板篇」でご紹介したいと思います。

プロフィール篇

プロフィール・メッセージ篇

まずは、男性側が気を付ける必要のあるプロフィールやメッセージに関してです。

 

自己紹介文をコロナ仕様にする

以前もお伝えしましたが、男性陣がアピールするうえで、非常に重要になるのは「安心感」です。怖い人ではないか?変な人ではないか?無理やり誘われたりしつこくされたりしないか?女性はやはりいつだってなんとなくの恐怖心を持っています。そこで、まずは、自己紹介文できちんと安心な男性であることを伝えるため、次のようなニュアンスの自己紹介分に変更しましょう。

初めまして。東京に住むXXと言います。こういう場所ですが、ステキな出会いがあるといいな…と思っています!新しい物事を見つけたり試したりするのが好きなので、同じ様な方いらっしゃれば、仲良くさせて頂けたら嬉しいです。他にも食べる事やスポーツ、旅行などが好きですが、共通の趣味などがあれば楽しくお話したいです。※今はコロナでなかなか叶いませんが、落ち着いたら、また好きなものを山ほど食べたいなと最近は思っています!

このように、きちんと配慮のできる印象を作ることは非常に大切です。普段でさえ、「とにかくまずはお会いしましょう!」などというプロフィールは敬遠される傾向にあります。にもかかわらず、この状況下で「今すぐ会いたい感」を全面に出されると、やはり少しパスしたいという気持ちが強くなることは想像できますよね。

 

メッセージで気を配る

もちろん、メッセージのやり取りにおいても安心感を表現することは可能です。たとえば、「今すぐはなかなか難しいかも知れませんが、状況見ながらご飯も行けたら嬉しいです」といった言い回しです。もちろん、あくまで安心感を演出するためのリップサービスです。(本来的には、効率よく会いたいので)まずは安心できる人といった印象をもってもらい、メッセージのやり取りに進む、連絡先を交換する、出会いに繋げるといったステップが必要になりますので、いつも以上に丁寧に接するべきだと思います。

 

《掲示板篇》

続いて、このタイミングだからこそチャンスのある「掲示板篇」。あまり深い事を考えずに、女性のニーズに合わせてアプローチできる可能性があるため、スピード感を持った出会いに向いています。コロナ環境下ではどんな掲示板投稿に注目すべきか、ご紹介していきます。

 

コロナウイルスの影響が終息したら

今は会えないけれども、コロナウィルスが終息したら会いたい、デートできる人探してます、という、自粛の雰囲気が解除されたタイミングに向けた出会い探しで投稿している女性というのが一定数います。「なんだ、今すぐは会えないし、いつになるかわからないなぁ」とあきらめる必要は全くありません。掲示板をしっかり覗いてみたらよくわかるのですが、このような方は会う意志はかなり強くある方です。そして、1対1のやり取りに持ち込めれば、あとはコロナウィルス関係なしに会おうか、という雰囲気に持ち込めるのです。大切なのは、まずはやり取りをスタートさせる事。そして、きちんと配慮しながら会うことができるので安心ですよという印象をしっかり相手に与える事なのです。

 

オンラインで繋がりたい

自粛中なので今すぐは会えないのでまずはメッセージからスタートしましょう、でもさびしいので仲良くなったらZOOMやオンライン、電話でのやり取りを希望する、そんな出会い探しのパターンです。もちろん、最初はZOOMやLine電話など、様々な方法があると思います。初対面でありながら、顔を見ながらオンラインで会話をするというのは、案外疲れるし緊張するものです。そういった経験をしながら、「やっぱり会ってみたいな」「会う方がきちんと話せそうじゃないですか」といったアプローチで実際に会う事へと繋げていきましょう。

 

 

近くに住んでる人を募集

遠出を少し敬遠することから、少しでもリスクをなくすために住んでいる地域が近い方を限定で探す女性もちらほら見受けられます。実際、掲示板投稿時のタイトルや内容に地名があったり、〇〇でこれから会える人といったような、より具体的な募集にはピンポイントで多くの返信がなされることも多いようです。自分の行動範囲内であれば、積極的にアプローチするべきです。※もちろん、こちら側が出会い系サイトやアプリで掲示板投稿にて募集をかけるときは、地名やタイミングなどを書いておくと反応がよくなるので試してみてください。ただし、子持ち人妻や既婚者は近所の目があるので、近所での出会いを避ける傾向にありますので、注意が必要です。

 

 

《この記事のまとめ》

このようにコロナ禍とはいえ、出会い系サイト・アプリといった出会いの場は、むしろ活発になっていると言っても過言ではありません。繰り返しになりますが、このような状況でも安心して会う事ができそうだ、という印象を与えること、そして無理強いをしない事で様々なタイプの女性にアプローチが可能なのです。ちなみに長引く自粛ムードの中で、ママ友や近所の人と交流がなかなかできずにストレスをためている人妻は、出会った時の反動で乱れ具合が・・・となる事が多いので、特におすすめです!

少しずつ、自粛ムードがとけてきているとはいっても、なかなか昨年までの生活には戻らないというのも実態だと思います。ストレスを抱える人が増大し他人と繋がっていたいという欲望が助長される、出会いに対して積極性が増しアクティブユーザーの数が増えるなど、今後も出会い系サイトやアプリが盛り上がる要因はいくらでもあるはずです。

この機会を逃さずに、まずはチャレンジをしてみましょう!

 

 

 
コロナ禍でも出会えるオススメ出会い系サイト

2000年に運営を開始した『ハッピーメール』。総会員数は2500万人を突破しており、日本国内で最大級の出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は「出会える確率74.5%」と謳っている通り、高確率な出会いの提供が可能なこと。私が、実際に利用している感想としても、アクティブユーザーが他のサイトやアプリより多く、また様々なニーズを持った方の登録があるように感じます。そして、プロフィールの閲覧が無料なので好みの異性が探し放題なのも特徴です。運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

ハッピーメールバナー

 

安定感の光る 『 PCMAX 』

2002年に運営を開始した『PCMAX』。総会員数は1,400万人を突破しており、こちらも安定的な出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は20代前半の大学生やOLから、40代前半人妻までと幅広い女性層の獲得に成功しているため、非常にバラエティーに富んだ年齢層と職業で多くの出会いを男性陣に提供できている事です。実際に利用している感想としては、他のサイトと比較してライトな層から慣れている層まで幅広く、また割り切った関係希望の女性も多いので効率的な出会いが期待できます。もちろん、運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

安心感といえば 『 ワクワクメール 』

こちらも2000年に運営を開始した老舗です。総会員数は1,000万人弱で、こちらも安定的な出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は何といっても、安心感の提供。個人情報回収業者、援デリ業者、18歳未満の利用者、悪質CB(キャッシュバッカー)を素早く対処している事から、非常に質の高い出会いが期待できます。実際に利用していても分かりますが、業者が少なく、また利用目的をきちんともった女性が多いため、最終的な出会う事への抵抗も少ない=つまりきちんと出会えるサイトと言えます。なお、女性のプロフィールも無料でバンバン閲覧できるため、使いやすさも抜群です。もちろん、運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

 

 

>今月のイチオシ出会い系サイト

今月のイチオシ出会い系サイト

今月のイチオシは「ハッピーメール」。2000年に運営を開始。総会員数は2500万人を突破しており、日本国内で最大級の出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は「出会える確率74.5%」と謳っている通り、高確率な出会いの提供が可能なこと。私が、実際に利用している感想としても、アクティブユーザーが他のサイトやアプリより多く、また様々なニーズを持った方の登録があるように感じます。そして、プロフィールの閲覧が無料なので好みの異性が探し放題なのも特徴です。運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

CTR IMG