《結局いくら使うの?》出会い系でセフレを作るまでにかかるお金のあれこれ

出会い系サイトやアプリで出会いを求めているけれども、そもそも出会うまでにいくらかかるのか?

誰でも非常に気になるところだと思います。

私も見よう見まねで始めた出会い系でしたが、最初は自分がかけている金額が適切なのか、もっと効率的に出会えるのではないかと半信半疑な気持ちも持っていました。

そこで今回は、実際に出会ってセックスをするまでにどのくらいのお金がかかるのかという点について、まとめていきたいと思います。

 

《この記事はこんな人にオススメ》
・出会い系初心者でお金のかけ方が分からない人
・一通り出会い系を攻略し、もう少し効率的に出会いたい人
・今から出会い系を始めようか悩んでいる人

 

出会うまでにかかるお金をざっくり紹介

出会い系サイトやアプリに登録して、女性と会う約束を交わし、そして実際に会ってセックスをする。

この流れの中で発生するお金は、ざっくり言って以下に分類されます。

○出会い系サイトやアプリを使用する時にかかるお金
○出会ってホテルに行くまでにかかるお金
○セックスをするときにかかるお金

まずは、これらにどのくらいの金額がかかってくるのか、そしてどのようにしたらなるべく少ない出費で出会えるのか。

それぞれの項目ごとにご紹介をしていきたいと思います。

 

出会い系サイトやアプリを使用する時にかかるお金

そもそも出会い系サイトやアプリって定額制?
前払い?
そして使うとどのくらいのお金がかかるの?

そのあたりの疑問に答えていきたいと思います。

まず、私が普段使っていてオススメしている出会い系サイトは基本的には、事前にポイントを購入する前払い制です。

「プロフィールを見るのに○○ポイント消費」
「メッセージを送るのに○○ポイント消費」

といったイメージです。

では、メニューごとにどのくらいのポイント=お金がかかるかを紹介していきましょう。

 

 

各サイトでプロフィールを見たり、メッセージを送ったりするときにかかるお金は以上の通りです。

1pt=10円で計算すればよいので、PCMAXで1人の女性のプロフィールと写真を見て、メールを10通送るとすると64pt=640円かかるという計算ですね。

一人当たり約640円と考えると、そんなに悪くないように聞こえます。

 

しかし、ここで立ち止まって考えてみましょう。

 

確かに640円で会う約束ができて、そのままホテルでセックスとなればもちろん効率がよいのですが、毎回そこまで上手くいくとも限りません。

ファーストメッセージに対して返信がない、途中でやり取りが途切れる、そんなことももちろんあります。

なので、結局は少しでもポイント消費を減らすべき=効率的な出会い方を模索すべきという事になるのです。

 

出会い系サイトやアプリ使用時のお金を抑える

では、ポイント消費を抑えるにはどうしたらよいのでしょうか。

ポイント消費を抑える工夫は、いくつかのフェーズごとに考える事が出来ます。

 

メッセージのやり取りでのポイント消費を抑える

1番簡単なのは、サイト内でやり取りをする回数を少なくし、ポイント消費を抑える方法です。

特にポイント消費が激しいメッセージ送信の回数を減らすことが攻略のコツとなります。

いかに早い段階でサイト外のやり取りに移行できるかが勝負のポイントなのですが、単純に焦ってサイト外のやり取りを依頼しても、OKしてくれる女性は多くありません。

女性はサイト外でやり取りするメリットがほとんどなく、(女性は、サイト利用が完全無料なのでポイント消費という考え方がなく、サイトでメッセージをすることのデメリットがないのです)性急なお願いはマイナスイメージに繋がります。

相手の反応を見ながらLINEやカカオ、メールでのやり取りを打診しましょう。

 

プロフィール閲覧でのポイント消費を抑える

プロフィール検索でも掲示板からいいなと思う女性を見つけたとしても、必ずプロフィール欄の閲覧はしますよね。

消費ポイントは大きくないものの、プロフィール閲覧でポイントを消化する事はちりつもで結構痛かったりします。

プロフィール欄を何回見てもポイント消費がないサイトを使用する事で、ここのポイント消費は抑えられるのです。

 

掲示板活用でポイント消費を抑える

掲示板は通常のプロフィール検索などに比べて、時としてポイント消費が少ない=効率的に出会える可能性があります。

なぜならば、ある程度明確な目的をもって掲示板投稿をしている、あるいはそれに反応している事が初めからわかっているため、連絡が成立した時点で、そこから先の実際の出会いや出会い方についても合意がとりやすいのです。

そのような場合は、あまり無駄なやり取りをせずに、サイト外に早めに誘導する事をおススメします。

 

 

登録時の無料ポイントを有効活用する

これはもはや攻略方法でもコツでもありませんが、知っている人だけが得をするやつです。

各サイトでほとんど内容は変わりませんが、登録をするだけでポイントが一定数付与され、さらに年齢確認を行ったり、メールアドレスの登録をするだけでポイントが無料で付与されます。

最大限に活用するべきですし、ハッピーメールやワクワクメールなど120ptも無料でもらえるサイトは特におススメです。

 

出会ってホテルに行くまでにかかるお金

会う約束を取り付け、実際にデートに行ったときにかかるお金について紹介していきます。

※私の経験上も即ホテルというケースは滅多にないので、ご飯などを経由してホテルに行くパターンを想定して紹介します。

 

まずは、ご飯を食べる際の飲食代。

ランチであれば二人で5,000円弱、夜ご飯であれば8,000円~9,000円といったところでしょうか。

めちゃめちゃ良いもの(高いもの)を食べに行く必要はありませんが、私が常々オススメしているのはお酒の力は絶対に借りたほうが良いという事。

したがって、ランチでもディナーでもお酒込みの金額となります。

 

次に、ご飯のあとに直接ホテルに向かわずに、もう1軒入れるパターンだとかかってくるのが、カラオケ代や漫喫代。

相場はだいたい二人で3,000円程度ですが、実はちょっとした痛い出費になり兼ねないのがこの金額です。

最後に、ホテルに向かう際にタクシー利用などをするとかかってくるのが、交通費。

これはホテルがどの程度近くにあるかにもよるのですが、相場は3,000円程度かなと思います。

 

まとめてみると次のようになります。

ご飯代が9,000円、もう1軒行って3,000円、交通費がかかるとさらに3,000円。合計額は15,000円。

ホテル代を除いて、ここまで金額が跳ね上がってくるとちょっと厳しいですよね

。無駄があるとは言いませんが、どのようにしたらもう少し金額の工夫ができるのかを次に紹介したいと思います。

 

 

出会ってホテルに行くまでにかかるお金を抑える

 

ご飯代を抑える

さきほども触れましたが、まず私のモットーとしてお酒の力は借りるべきというのがあります。

お酒を飲むと少し飲食代は高くなるのですが、絶対的にその後の効率がよいため、ここでもお酒は飲むことを前提として話をしていきます。

まず、極力お金を抑えたい場合は、夜ご飯のお誘いではなくランチのお誘いにするという方法があります。

かなりのコストダウンが期待できますし、最近はランチでも個室の良い雰囲気のお店があったりしますので、その後の流れを作るうえでも遜色はありません。

また、ディナーでお酒を飲みに行く場合でも、飲み放題の有効活用やビアガーデンなどを利用する事で、コスパをあげる事ができます。

※基本的に私は、初対面で安い居酒屋にお誘いする事はしませんが、個室の居酒屋で飲み放題を利用したり、雰囲気の良いビアガーデンを使ったりしています

 

「もう1軒」を抑える

ここは単純に、1軒目のご飯処から直接ホテルに行けるかどうかで抑える事のできるコストになります。

そのため、1軒目のご飯ではお酒の力を借り、比較的個室に近い空間やあえて隣り合わせのカウンターなどを使って、密着した雰囲気づくりを心掛けています。

「もう1軒」はもちろん時と場合によっては必要な通り道なのですが、前後を戦略的に考える事で回避できる事も忘れてはいけません。

 

移動にかかる料金を抑える

これも、「もう1軒」と同様に、時と場合によっては必要経費ですが、極力避ける事のできるコストです。

つまり、ご飯処の近くにホテルを見つけておく、逆にホテル街に近い飲食店を敢えて選択するなど、いくらでも移動コストは抑える事ができます。

ある程度、自分の得意な街でテリトリーを決めておくと、自然な流れでホテルへも誘う事ができ、また移動のコストもかからないといった綺麗な流れを作る事が出来るのです。

(私の場合は、池袋と新宿がテリトリーですw)

 

 

セックスをするときにかかるお金

これはズバリ、ホテル代です。

都心だと昼間でだいたい5,000円~7,000円、夜だと6,000円~8,000円といったところでしょうか。

結局のところ、これをゴールにして出会いを求めているわけなので、この金額はあまり下げ過ぎる事はできません。

しかし、ちょっとした工夫で抑える努力はできるので、いくつかご紹介したいと思います。

 

セックスをするときにかかるお金を抑える

 

昼間の方がホテル代は安い

これは言うまでもありません。

読んで字のごとくですが、昼間の方が圧倒的に費用は抑えられます。

またサービスタイムを活用すれば滞在時間を延ばせますし、逆にサービスタイムを使わずに、3時間滞在などにすればさらに出費を抑える事も可能です。

 

ラブホテルよりビジネスホテル!?

あまり考えたことはないかも知れませんが、ビジネスホテルでも日帰り(デイユース)プランを扱うホテルは結構多いのです。

特に、近年のテレワーク需要を取り込むために、都心のホテルでも比較的長い時間のプランでデイユースを扱っています。

この場合、ホテルによってはラブホテルよりも安い金額を出している事もあり、狙い目だったりします。

綺麗なホテルも多いので、私としては結構おススメです。

(ただし、女性によっては、喘ぎ声が響きやすいビジネスホテルを敬遠したり、ビジネスホテル独特の無機質な感じで雰囲気が出なかったりするので注意も必要です。あとコンドームもないので気を付けてください!)

 

ホテルを使わない!?

最終手段はホテルを使わないケースです。

つまり、お相手の家に押し掛けるパターン。

人妻ではほとんどあり得ませんが、女子大生や彼氏持ちだけど欲求不満なOLさん、あとは看護師や保育士さんだとごく稀にあるパターンです。

事前の会話で一人暮らしである事が確認できている場合、あえて女性の自宅近くの駅を選んでご飯を食べて自宅コースを狙うというのも一つの手です。

 

 

この記事のまとめ

いかがだったでしょうか?

普段、なにも考えずに成り行きに身を任せて女性と出会おうとすると、

・サイト利用:640円

・ご飯代:9,000円

・「もう1軒」や移動代:平均3,000円(どちらかがかかった場合)

・ホテル代:8,000円

合計金額:20,640円 

とかなりの高額になってしまいます。

これから定期的に女性と出会っていくとなると毎回2万円の出費は正直少しきついですよねw 

きちんと無駄な出費がないようにコントロールしてみてください!!

 

 

 

最低コストで出会える!?オススメ出会い系サイト

2000年に運営を開始した『ハッピーメール』。総会員数は2500万人を突破しており、日本国内で最大級の出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は「出会える確率74.5%」と謳っている通り、高確率な出会いの提供が可能なこと。私が、実際に利用している感想としても、アクティブユーザーが他のサイトやアプリより多く、また様々なニーズを持った方の登録があるように感じます。そして、プロフィールの閲覧が無料なので好みの異性が探し放題なのも特徴です。運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

ハッピーメールバナー

 

安定感の光る 『 PCMAX 』

2002年に運営を開始した『PCMAX』。総会員数は1,400万人を突破しており、こちらも安定的な出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は20代前半の大学生やOLから、40代前半人妻までと幅広い女性層の獲得に成功しているため、非常にバラエティーに富んだ年齢層と職業で多くの出会いを男性陣に提供できている事です。実際に利用している感想としては、他のサイトと比較してライトな層から慣れている層まで幅広く、また割り切った関係希望の女性も多いので効率的な出会いが期待できます。もちろん、運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

安心感といえば 『 ワクワクメール 』

こちらも2000年に運営を開始した老舗です。総会員数は1,000万人弱で、こちらも安定的な出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は何といっても、安心感の提供。個人情報回収業者、援デリ業者、18歳未満の利用者、悪質CB(キャッシュバッカー)を素早く対処している事から、非常に質の高い出会いが期待できます。実際に利用していても分かりますが、業者が少なく、また利用目的をきちんともった女性が多いため、最終的な出会う事への抵抗も少ない=つまりきちんと出会えるサイトと言えます。なお、女性のプロフィールも無料でバンバン閲覧できるため、使いやすさも抜群です。もちろん、運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

 

 

>今月のイチオシ出会い系サイト

今月のイチオシ出会い系サイト

今月のイチオシは「ハッピーメール」。2000年に運営を開始。総会員数は2500万人を突破しており、日本国内で最大級の出会いを提供する出会い系サイトです。人気の理由は「出会える確率74.5%」と謳っている通り、高確率な出会いの提供が可能なこと。私が、実際に利用している感想としても、アクティブユーザーが他のサイトやアプリより多く、また様々なニーズを持った方の登録があるように感じます。そして、プロフィールの閲覧が無料なので好みの異性が探し放題なのも特徴です。運営環境としても、サポート体制は365日24時間対応、個人情報の保護については第三者機関の認定を受けています。

CTR IMG